マイクロスコープ|小川町・新御茶ノ水で歯科をお探しの方は大塚デンタルクリニックまで

診療時間 日・祝
10:00~13:00
14:00~19:00

休診日:水曜・日曜・祝日
★:14:00~17:00
※カウンセリング後の診療日は応相談

〒101-0052
東京都千代田区神田小川町2-1
日米商会ビル5階

tel. 03-5577-4049
FAX: 03-5577-4193
  • 地図
  • メニュー

マイクロスコープによる精密治療

歯は非常に複雑な構造をしています。中には細い根管が通っていますが、この根管は曲がりくねったり複数または枝分かれしていることがよくあります。
従来は手探りでこの根管の中の治療を行っていました。歯科医師の勘や経験に頼ることが多かったため、根管内に細菌や組織が残り再感染を起こしたり、根管を削り過ぎて歯が破折し、抜歯のリスクが高まることも珍しくありませんでした。根管治療はそれほど難易度が高く、高度の技術が求められる治療なのです。
当院では、補綴などの一般歯科は行わず、「歯をできるだけ削らず残す専門的なトレーニングを受けた根管治療の専門医」として紹介元からも高い評価をいただいております。治療に当たってもマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)で拡大して実際に患部を確認しながら、精度の高い治療を提供いたします。

当院で使用するマイクロスコープとは

当院で使用しているカールツァイス社最高峰のマイクロスコープ「OPMI PROergo」は、最大で肉眼の約25倍まで拡大して見ることができ、外科手術でも用いられる歯科用顕微鏡です。手術用ルーペでも肉眼の約7倍までが限界とお伝えすれば、その性能の高さがさらにご理解いただけることと思います。
マイクロスコープがあれば、細い根管の入り口からはっきりと見ることができ、狭い根管内も目で確認することができます。歯の神経の状態を確認し、保存が困難な神経を取り除いたり、根管の内部の神経・感染物などを取り除くなど、繊細な処置を行う上でマイクロスコープは欠かせません。

マイクロスコープを使用するメリット

歯の神経は歯の内側にある根管を通っているため、肉眼では見ることはできません。そもそも根管自体が小さく細く探し出しにくいのです。
解剖学的な知識と経験を持つ院長がマイクロスコープを使うことで、根管を見つけ出し、歯髄の状態を目で見て確認することができます。拡大視野は暗くなりやすいものですが、当院で使用している「OPMI PROergo」にはキセノン光源も内蔵されており、複数の根管も鮮明に観察できるようになっています。また、必要に応じて、マイクロスコープで患部の細部までを写真や映像に残すことも可能です。

歯内療法・根管治療専門の当院にお任せください

日本には6万8500軒ほどの歯科医院があります(2019年11月末現在)。コンビニの店舗数が5万5500軒ほど(2020年2月現在)ですので、コンビニ以上に歯科医院があるということになります。これほど多くの歯科医院がある中で、マイクロスコープを使った治療を行っている歯科医院はわずか5%以下と言われています。ただし導入されていても根管治療の専門家として充実した治療を行うところは限られています。
当院はマイクロスコープを導入しているだけでなく、さらに根管治療のエキスパートとして、精度の高い高水準な治療を行っております。紹介状がない方にも対応いたしますので、根管治療を繰り返しても改善しない、神経をどうしても残したいなどのお悩み・ご希望をお持ちの方はぜひ一度ご相談ください。