コラム|小川町・新御茶ノ水で歯科をお探しの方は大塚デンタルクリニックまで

診療時間 日・祝
10:00~13:00
14:00~19:00

休診日:水曜・日曜・祝日
★:14:00~17:00
※カウンセリング後の診療日は応相談

〒101-0052
東京都千代田区神田小川町2-1
日米商会ビル5階

tel. 03-5577-4049
FAX: 03-5577-4193
  • 地図
  • メニュー

歯内療法とは?

2021年1月25日

皆さんこんにちは。

大塚デンタルクリニックです。

 

一般の方は「歯内療法(しないりょうほう)」という言葉を耳にしたことがないかもしれませんね。

 

専門性の高い用語なので、どのような意味なのかわかりにくいことかと思います。

 

そこで今回は、歯内療法についてわかりやすく解説します。

 

歯の内部の治療

歯内療法は、簡単にいうと「歯の内部の治療」です。

 

歯は、一番外側にエナメル質、そのすぐ下に象牙質が存在しており、口腔内に露出している部分を「歯冠(しかん)」といいます。

 

通常のむし歯治療では、この歯冠の部分の病変を削り、レジンなどを詰めて修復します。

 

ですから、専門的には「う蝕治療」や「保存修復」と呼ばれています。

 

歯内療法は、さらにむし歯が進行して、歯の神経が露出したり、むし歯菌に侵されたりした際に適応される治療です。

 

根管治療との違いは?

歯内療法の説明を受けると、根管治療が頭に思い浮かぶことかと思います。

 

根管治療は、「歯の根の治療」であり、歯の内部の病変を取り除く処置だからです。

 

ただ、根管治療の別名が歯内療法というわけではありません。

 

歯内療法という大きなくくりがあって、その中に根管治療が分類されているとお考えください。

 

実際、歯内療法には根管治療以外にも、「生活歯髄切断法や抜髄治療、歯内療法外科」なども存在しています。

 

専門性の高い領域

歯内療法は、歯科の診療科の中でもかなり「専門性が高い領域」です。

 

そのため、院内の設備や歯科医師の技術力によって、治療の結果も大きく変わります。

 

ちなみに当院は、「根管治療・歯内療法専門の歯科医院」であり、世界基準の治療を提供することができます。

 

まとめ

このように、歯内療法は歯の内部の治療であり、根管治療や抜髄治療の総称といえます。

 

できるだけ歯の神経を残したい、歯の抜かずに治したい、という方は、歯内療法専門の大塚デンタルクリニックまでご連絡ください。

 

最新の設備と世界基準の技術で、患者さまのご要望にお応えします。